お墓の選び方について

お墓は、大きく分けると遺骨を納めるカロート( 納骨棺 )、墓所を囲む外柵、お墓の中心となる石碑から構成されます

外柵

breadcumb_img01

周りとの境界をはっきりさせるため、墓地の周りを石材で囲んだ外枠です。外柵には、境界を設けて墓所を特別なものとする宗教的な意味もありますが、お墓の土台として地崩れや地面の陥没を防ぐ役割もあり構造的にもっとも重要な部分です。

breadcumb_img01_2

外柵には、全て共石を使った根石加工の他に、間にはさまれた見えない部分に白御影石サンダー仕上げ加工、又はコンクリートを使用しコストを押えたものがあります。

カロート

breadcumb_img02

遺骨を納める納骨棺でいわゆるお墓の心臓部です。外からは見えないため、コンクリートで施工される事が一般的でした。

breadcumb_img02_2

最近では遺骨を安置する重要な場所ということで、御影石等で施工される方が増えています。

地震対策

breadcumb_img03

当社で建墓された墓石には、ステンレス製耐震棒と大変執着力の強い耐震ボンドを使用した耐震施工が標準装備されています。多少の揺れでは墓石倒壊の危険性が少ないので安心です。

breadcumb_img03_2

外柵には、全て共石を使った根石加工の他に、間にはさまれた見えない部分に白御影石サンダー仕上げ加工、又はコンクリートを使用しコストを押えたものがあります。