付属品について

墓所は御霊の眠る所ですから、温もりのある居心地のよいものにしたいものです。そこで、祭具とよばれる香炉や水鉢・花立とは別に、必要に応じて石造装飾品がつけられます。主なものとして、墓誌、塔婆立、地蔵、灯籠、物置台、名刺受などです。こうした装飾品は点景となり、お墓全体を引き立てます。

addition.img01

墓誌

ご一家、ご家族それぞれの墓碑銘(俗名、戒名、没年月日、生前の事跡)を刻むもので、代々墓(合祀墓)には欠かせません。大きさや形、石種、設置場所等は、設計の段階で全体のバランスを考えて決めておきます。

フタ石型

addition.img02

独立型

addition.img03

はめ込み型

addition.img04

回転型

addition.img05

塔婆立

塔婆立は梵字や経文、戒名を書いた供養のための塔婆を支えるものです。都市型霊園及び宗派によっては用いられない事があります。

ステンレス

addition.img06

標準型

addition.img07

笠付

addition.img08

雲型

addition.img09

地蔵

小さな地蔵様の姿に、ご両親の亡くした子への悲しみと残した思いを託して、安らかに眠らんことを祈って御霊を弔い、こころより供養するためのものです。

舟型地蔵

addition.img10

箱型地蔵

addition.img11

丸彫地蔵

addition.img12

灯籠

お墓の付属品として最も親しまれているものですが、もともと仏塔の一種といわれており、とても重要なもので、種類もたくさんあります。

雪見

addition.img13

置灯籠

addition.img14

丸墓前

addition.img15

角墓前

addition.img16

表札

addition.img17

名刺受

addition.img18

物置台

addition.img19

つくばい

addition.img20

香炉

お墓の装飾品の中で供養のために欠かせないものです。線香をお供えするだけでなく、正面に置かれますのでデザイン的にも重要です。シンプルなものから風格のあるものまで種類は豊富ですから、全体の調和を考えながら選びます。

くりぬき型

addition.img21

くし型

addition.img22

八足型

addition.img23

経机型

addition.img24

宮型

addition.img25

水鉢・花立

石塔の一部ともいえる水鉢・花立は、石塔のデザインを引き立てる美しいバランスで配置します。最近では石塔に合わせたオリジナルも増えています

切出水鉢

addition.img26

独立水鉢(角型)

addition.img27

独立水鉢(かびん型)

addition.img28